人財募集 – Recruit

眼科スタッフのしごと

受付と会計、検査や診察介助、コンタクトレンズの相談・指導などの業務をおこないます。
でも、いちばんの仕事は、患者さんとお話すること。患者さんに寄り添うとともに、たくさんの情報を引き出すことでもあります。

スタッフからのメッセージ

佐野短期大学
社会福祉科社会福祉専攻 卒業
勤続年数:10年 飯塚 円
飯塚 円

私が、柏瀬眼科に入職を決めた理由は、恩師の勧めでした。

本当にやりたい仕事が決まらずに迷っていたときに、柏瀬眼科を知りました。元々、福祉系の勉強をしていたので医療系にも興味はありました。すぐに、入職を決めました。とりあえずやってみようと。

入職し、無我夢中で過ごした一年目。

後輩が入って成長できた二年目。仕事を任されだした三年目。出産し、戻ってきた四年目。コンタクトレンズチーフを夢中でやっていた五年目。コンタクトレンズ販売店が独立した六年目。気づくと後輩が増えていた七年目。

コンタクトレンズ業務をすべて任せてもらった八年目。コンタクトの販売店を後輩に任せた九年目。そして診察介助のチーフとなった十年目。

あっという間に時間が過ぎていました。それだけ、充実した日々が過ごせていたということです。時間を忘れてしまうぐらい楽しく過ごせるのが、柏瀬眼科の一つの魅力です。

しかし、楽しいばかりではありません。私は、社会人としての厳しさも教えてもらえました。「報告・連絡・相談」どこよりも厳しいかもしれません。

しかし、自分のためになる厳しさでした。今でも完璧にできるわけではありませんが、すごく成長できた部分です。また、もう一つの魅力は、仲間です。職員全員がとても仲が良い。仕事だけでなく、プライベートでも仲が良い。素晴らしいことだと思っています。支えあえる仲間がいることが、仕事を続けている理由の一つかもしれません。

このように、楽しいこと、辛いことをたくさん経験できる職場環境。私も学校を卒業しすぐに入職したため、この職場しか知りません。しかし、だからこそ長く勤めていきたい。これからも色々な経験をさせてもらうことで、自分自身を成長させていきたい。

スタッフからのメッセージ

佐野短期大学
医療事務フィールド 卒業
勤続年数:3年 青木 千佳
青木 千佳

私が柏瀬眼科に入職したキッカケは、短大時の就職活動で、先生が柏瀬眼科の求人票を紹介してくれて、「自宅から車で通える距離だから、試験を受けてみないか。」と薦められたことです。

私の仕事は、現在はローテーション期間なので、正式な仕事は決まっていません。受付、検査、診察介助、コンタクトレンズ販売など様々な仕事を覚えている最中です。最近は、コンタクトレンズ販売の仕事をしています。初めてコンタクトレンズを使う方の問診や装用練習、レンズの注文や販売などを行っています。

柏瀬眼科の良い所は色々とあります。一つ目は、スタッフ同士の仲が良い所です。皆がとてもフレンドリーに接してくれます。人見知りの私でも、すぐに打ち解けることが出来ました。それなので、人見知りで不安な人でもすぐに仲良くなれると思います。二つ目は、朝礼があることです。柏瀬眼科の朝礼は朝礼当番が週替わりで司会をします。朝一番で色々な情報を皆で共有することができたり、発生練習も行うので仕事のスイッチをすぐに入れることができます。

三つ目は、人前で話す力が身につくことです。私は元々、人前で話をすることが苦手でした。業務にある朝礼当番や研修報告会などを行うことで、少しずつですが人前で話すことが、嫌にならなくなってきました。自分を変えることができたのです。四つ目は、業務のローテーションがあることです。入職してから三ヶ月毎に受付、検査、診察介助、コンタクトレンズ販売の四部署を回り、仕事を覚えていきます。色々なことを学べることが良い所と感じています。

柏瀬眼科は、たくさんのことを覚えるので大変なところもあります。しかし、私は学校で医療事務のことしか勉強していなかったので、他のことも学べるこの職場環境は、とても良かったです。

眼科スタッフの募集要項へ